スポーツ総合ニュースチャンネル スポステ

スポステでは、スポーツに関係した情報を主に5ch(2ch)等からまとめて紹介したブログとなります。
野球・サッカー・ゴルフ・フィギュアスケート・テニス・陸上・卓球等
毎日更新

    2020年07月


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはFW、MF。プリメーラ・ディビシオン・レアル・マドリード所属。日本代表。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。2009年8月、
    41キロバイト (5,276 語) - 2020年7月26日 (日) 16:02



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2020/07/31(金) 06:44:23.40 ID:CAP_USER9.net

    過熱する久保の去就報道、ベティスのコルドンSDが噂に言及

    多くのクラブから注目を集めているMF久保建英

    日本代表MFは今季、保有元のレアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍し、リーグ戦35試合4ゴール4アシストの結果を残し評価を高めた。
    来季の久保については、スペイン国内外で争奪戦が起きているが、移籍先候補の一つに挙がっていたベティスは、久保から手を引いているようだ。スペインメディア「エル・エスパニョール」が報じている。

    久保を将来的な戦力として考えているレアルは、UEFAチャンピオンズリーグやUEFAヨーロッパリーグの出場権を保有しているクラブに来季も貸し出すことで、経験を積ませたいと考えているようだ。
    マジョルカで好パフォーマンスを見せた久保の獲得には、シーズン中から多くのクラブが関心を示していると報じられてきた。レアル・ソシエダ、ベティス、セビージャ、グラナダといったスペイン国内のクラブに加え、
    フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)、イタリアの名門ACミラン、オランダの強豪アヤックスなどの名前も挙がっている。

    そんななか、ベティスは久保獲得レースから手を引いたようだ。ベティスのスポーツディレクター(SD)に就任したアントニオ・コルドン氏は、
    久保と今季レアルからアーセナルに期限付き移籍していたスペイン代表MFダニ・セバージョスの獲得報道についてコメントした。

    新型コロナウイルスの影響を受け、今夏の移籍市場が非常に難しいものになるとコメントしたコルドンSDは、久保の獲得について
    「そのような報道があったね。でも、ベティスには、彼のポジションに満足のできている3人の選手がいる」と語り、噂を否定した。一方、セバージョスの獲得には可能性があるようで
    「彼がどれだけ素晴らしい選手かは、これまでのことから十分に分かっている。彼は興味深い選手だ」と話した。

    2018年夏に日本代表MF乾貴士を獲得し、公式サイトには日本語ページも作っているベティスだが、久保の獲得は実現しないようだ。

    スペイン紙「AS」では、レアルとセビージャは久保の移籍についての交渉で合意に至らなかったと報じ、
    新たにオサスナを移籍先の有力候補に挙げている。久保の移籍が正式に決定するまで、報道はまだまだ過熱しそうだ。

    7/30(木) 20:30配信 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc7e59ea34662410d87c0f1f4685a486d85ae64

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【久保建英争奪戦】ベティス、久保の獲得を否定する「そのポジションには3人の選手がいる」】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-81.fc2.com)



    1 孤高の旅人 ★ :2020/07/30(木) 11:10:28 ID:CAP_USER9.net

    広島最下位低迷で「金本監督」待望論 佐々岡采配に批判殺到
    7/30(木) 9:26配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/76afbcf629a311f6d4c3e85aef00aaba52606a84

    「このままチームを任せて本当に大丈夫なのか」

     再び最下位に転落した広島周辺では、日増しにそんな声が大きくなっているという。

     今季、2016年からリーグ3連覇を達成した緒方前監督からチームを引き継いだ佐々岡真司監督(52)だが、ここまで11勝17敗3分け。開幕から1カ月強で首位巨人には8・5ゲーム差をつけられるなど、波に乗れない。その最大の原因が佐々岡采配にある、というわけだ。

     中でも、チーム防御率はリーグ5位の4・62と投手陣は壊滅状態。投手中心の守り勝つ野球を掲げながら、自ら「それができない」と頭を抱えている。広島OBで元最多勝投手の高橋里志氏は、「守護神候補だった新助っ人スコット(年俸5700万円)が6試合登板で防御率22・50と大誤算だった上に、中崎(27)や今村(29)ら実績のある救援陣が過渡期に入っている。開幕前に懸念していたことが、そのまま結果に表れてしまっています。多少の結果には目をつむって、塹江(23)や島内(23)ら、イキのいい若手に切り替えてもいいかもしれない。一部のファンからは『佐々岡じゃあ厳しい』という声を聞くのは事実ですが、シーズンは始まったばかり。性格的にも周りのコーチの意見を聞く耳もあると思うし、ここから巻き返してほしいですね」

     と、今後の変わり身に期待をしているが、2―3で敗れた28日の中日戦で1点差ゲームは0勝5敗。引き分けの3試合も、すべて七回まで1点リードしながら継投失敗で追いつかれるなど、競り負けが多い。弱いチームの典型といっていい。

    ■大瀬良酷使で抹消

     さらにコロナ禍で選手の調整遅れが懸念される中で開幕を迎えたにもかかわらず、エースの大瀬良を開幕から2試合連続完投させるなど、大きな負担を強いた。そのせいもあってか、大瀬良は24日のDeNA戦を2イニングで緊急降板、翌25日にコンディショニング不良で登録抹消された。

     球界OBが言う。

    「投手を引っ張りすぎての継投失敗はもちろん、リリーフは日替わり起用で一貫性がなく、このままでは投手がどんどん潰れてしまう。開幕から好投を続けているドラ1新人の森下も、そのうち壊れるんじゃないかと心配になる。いくら救援陣が手薄といっても、この分業制の時代に、先発した4試合の1試合平均球数は約120球。新人ですし、7月中に再調整目的で一度、登録を抹消されてもいる。決して無理をさせるべきではない。攻撃も、チーム打率・289とリーグトップながら、初回に先頭が一塁に出塁すると、2番打者に判で押したように犠打。投手に楽に投げてもらうためにまずは先制点を、という意図もあるのでしょうが、結果的に相手投手を助けているケースの方が多い。3連覇を達成した時のような、小技、足技を使った“いやらしさ”も薄れている。投打において課題は山積みです」

     ファンの間では、佐々岡監督の試合後の談話にまで批判の矛先が向けられている。24日のDeNA戦で3連投の末にサヨナラ満塁弾を浴びた一岡を「(抑えは)気持ちが強くないと。こちらが託しているのでね」と責めた際も、「采配を棚に上げて、選手のせいにするな」とケチョンケチョンだった。

    阪神時代の育成法に評価

     そんな中、広島周辺では、次期監督として、広島OBで阪神前監督である金本知憲氏(52)の待望論が巻き起こっているというのだ。広島は1970年代中盤の別当、森永、ルーツ監督以降、就任1年目終了時に交代した監督は皆無。近年は野村、緒方と2代続けて5年間務めた。

    中略

     金本氏を巡っては、阪神内でも「金本監督の育成の流れを継続していくべき」という声もあり、今後の再登板の可能性もゼロではないというが、広島が阪神より先に、オファーをかけることになるのか……。


    【【広島最下位低迷】「金本監督」待望論 浮上】の続きを読む


    宇佐美 貴史(うさみ たかし、1992年5月6日 - )は、京都府長岡京市出身のプロサッカー選手。J1リーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。妻はタレントの宇佐美蘭。 京都府長岡京市出身。両親揃ってのガンバ大阪サポーターである家庭に男三人兄弟の末っ子として生まれ
    60キロバイト (7,050 語) - 2020年7月11日 (土) 11:42



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2020/07/30(木) 09:23:10.78 ID:CAP_USER9.net

    UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグマーケティング代理店のアジア・パシフィック地域統括責任者のツイートが、物議を醸している。

    問題となっているのは、岡部氏が27日に投稿したツイート。その中で岡部氏は、ガンバ大阪の宇佐美貴史を「天才」と評するニュースを引用しつつ、「メディアもファンも、すぐに『天才』とか呼んで、
    必要以上に持ち上げて選手を勘違いさせるの、いい加減やめてほしいです…」と苦言。「現代サッカーのメッカである欧州サッカーで通用せずに、日本に帰りざるを得なかった選手です(原文ママ)」と断じ、「厳しくかつ温かく見守りましょう!」とつづった。

    >>「もっと私をもてなせよ」夫・宇佐美貴史の愚痴噴出の妻に、視聴者ドン引き<<

    しかし、これに対しサポーターなどを中心に、「必要以上に天才と持ち上げることへの苦言は同意できるけど、通用せずとか評する必要ある?」
    「宇佐美がいつ勘違いしたっていうんだろう?」といった批判が殺到する事態に。

    岡部氏はこれらの批判を受け、28日に再びツイッターを更新し、「たまたま彼の記事だっただけで、宇佐美云々の話ではないので、ファンの方ご安心ください!」と弁解。
    「ポイントは、『すぐに“天才”と呼んで必要以上に持ち上げるのやめましょう』です。日本の成長には、メディアとファンの成熟が欠かせません!」と呼びかけ、
    「世界のサッカー現状を踏まえて、俯瞰して日本サッカーを見ています。厳しい世界のサッカー界ですら、『天才』と呼ばれるのは、マラドーナやメッシなど、ごく一握りです。
    もし、日本サッカーに『天才』がいたとすると、大けがする前の小野伸二だけかと…」とつづった。

    しかし、このツイートにも、「宇佐美のことだったら『欧州サッカーで通用せずに』とかいらないでしょ」「いや、書き方が選手やサポーターに対する礼節を欠いてるてことだと思います」
    「どう見てもバカにしてるこんな表現したことをまず謝ろうよ」といったバッシングが殺到。さらに、「天才」とする日本人選手に「大けがする前の小野伸二」という名前を出したことにも、
    「徹底して上から目線」「大けがをする前なんて冠失礼すぎる」という声が集まっていた。

    日本のサッカーファンを刺激し続けた岡部氏。多くの不信感が集まってしまっていた。

    2020/07/29 12:52 / 提供元 リアルライブ
    https://wjn.jp/article/detail/8677957/

    写真

    (出典 wjn.jp)


    1 Egg ★ 2020/07/29(水) 19:27:21.17
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596018441/

    1 Egg ★ 2020/07/29(水) 22:03:36.19
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596027816/


    【【宇佐美貴史】UEFA日本人関係者の投稿が物議「通用せず帰ってきた」】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 Egg ★ :2020/07/31(金) 06:27:03.33 ID:CAP_USER9.net

    PL学園野球部出身で現在は漫画家として活躍する、なきぼくろ氏。その高校時代の強烈な思い出を、『レギュラーになれないきみへ』などの著書があるスポーツライターの元永知宏氏が聞いた。

    ◆松坂の姿に震えた

    PL学園(大阪)は、全国優勝7回、80人以上の選手をプロ野球に送り込んだ高校野球の強豪。強いだけでなく、歴史に残る名勝負を何度も繰り広げ、勝った試合でも敗れた試合でも、見る者の心に刺さる感動的な戦いを繰り広げてきた。


    (出典 gendai.ismedia.jp)


    1998年夏の甲子園、松坂大輔投手 (現埼玉西武ライオンズ) を擁する横浜(神奈川)との延長17回までもつれた試合は、いまでも語り草になっている。その死闘を見ていた少年が現在、
    漫画誌の週刊「モーニング」で『バトルスタディーズ』という高校野球を舞台にした作品を描いている。1985年10月生まれ、当時中学一年生だったなきぼくろは、この試合で若い心をわしづかみにされたのだ。

    それまでは硬式の野球チームに所属していたものの、それほど熱心に練習に打ち込む選手ではなかったが、この日を境に人が変わったように野球を勉強し、勝利を目指すようになった。PL学園のユニフォームを着て、甲子園に出るためだった。

    PL 学園野球部の出身者が描いた最強の高校野球マンガ
    『バトルスタディーズ』試し読みはこちらから

    ◆厳しい寮生活で20kgも体重減

    PL学園に入ったなきぼくろを驚かせたのは、三年生の力強さ、豪快さだった。その年の三年生には、秋のドラフト会議でプロ野球から指名を受ける選手が揃っていた。近鉄バファローズのドラフト1位の朝井秀樹がエース、
    阪神タイガースに入団する桜井広大が三番、千葉ロッテマリーンズから指名される今江敏晃が四番を打っていた。

    「すごいという言葉では表現できませんでした。入学して初めて見た試合は5回コールドで勝ったんですけど、ホームランが 12 本も飛び出しました。得点はたしか、20点以上入ったはず。
    野球の技術も存在自体もすごすぎて、『なんじゃこら』と……寮生活の厳しさよりも、強さへの興味のほうが僕の中では完全に勝ちましたね」

    24時間野球漬けの日々がつらくなかったはずはないだろう。実際に入学して以降、なきぼくろの体重はみるみるうちに減っていき、65kgが45kgまでになった。
    「先輩たちのカッコよさに引きつけられました。この三年生も厳しい日常を経てこんなに強くなったのか。僕も同じような経験をすればこれほどの選手になれるかもしれないという好奇心がありました」

    なきぼくろが入学した時期の三年生は最後の夏に照準を合わせていた。目標はもちろん、日本一。
    「みんな、ピリッピリですよね。僕からしたら、何から何まで、同じ高校生と思えない。ある先輩が雨天練習場から出てくるところに遭遇したときには、あまりの殺気にガタガタ震えて『ああ、*れる……』と思ったほどです」

    そのとき見た風景、感動がのちに『バトルスタディーズ』で再現されることになるとは、なきぼくろ本人も予想していなかった。15歳の野球少年は、異次元の野球、PL学園にしか生息しない野球選手を憧れの眼差し、
    いや、潜入捜査官のような目で見つめていたのだ。

    「僕は野球じゃなくて、PLの野球部が好きだったのかもしれませんね」
    なきぼくろは二年生の秋から、ライトのレギュラーポジションを獲得した。2003年夏、PL学園は大阪府大会で優勝し、甲子園出場を決めた。

    「決勝戦は接戦やったんですけど、なぜかボワーッとしていて、勝った瞬間にはやっぱり涙が出ていました。一年生のときからのことが走馬灯のように思い出されました。うれしかったというよりも、ホッとしたというのが本当のところ」
    野球の現場と仕事の現場は似ている

    なきぼくろのふたつ上の先輩は、夏の大会前に出場停止処分を受けて、最後の夏の予選に出ることが許されなかった。PL学園にとって、3年ぶりの甲子園出場だった。
    「入学したときに三年生だった先輩から『ありがとうな』と連絡をもらいました。先輩たちのリベンジができたという思いもありましたね」

    1月26日 現代メディア
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70004?utm_source=yahoonews&utm_medium=related&utm_campaign=link&utm_content=related


    【【PL学園】野球部の「ヤバすぎる3年間」】の続きを読む


    ハーフナーニッキ(1995年2月16日 - )は、愛知県名古屋市出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー(DF)。FCトゥーン所属。 父は出生当時名古屋グランパスエイトにGKコーチ兼任選手として在籍していたハーフナー・ディド。兄のハーフナー・マイクもプロサッカー選手。なおハーフナー
    7キロバイト (535 語) - 2020年7月28日 (火) 04:16



    (出典 nagoya-grampus.jp)



    1 Egg ★ :2020/07/26(日) 13:48:57.48 ID:CAP_USER9.net

    スイス・スーパーリーグ第34節のFCシオン対FCトゥーン戦が現地時間25日に行われ、1-1のドローに終わった。トゥーンのDFハーフナー・ニッキは2試合連続ゴールとなる1得点を挙げている。

    3日前の前節セルヴェット戦ではCKからのクロスに強烈なヘディングで合わせ、5-1の大勝の口火を切る先制点をマークしていたハーフナー。
    残留争いに向けた重要な直接対決となる今節も8試合連続の先発で出場し、フル出場を果たした。なお、シオンに所属するFW若月大和はベンチ入りしていない。

    試合は80分にホームのシオンが先制。だがその4分後、ゴール前へのロングボールに反応して抜け出したハーフナーがヘディングで綺麗に合わせて1-1の同点ゴールを叩き込む。
    ハーフナーの今季4点目となるゴールにより、トゥーンは試合をドローに持ち込んだ。

    10チームで構成されるスイス・スーパーリーグでトゥーンは残留圏の8位。この日の試合で対戦したシオンは残留プレーオフへの出場となる9位に位置し、トゥーンより1試合を多く残して3ポイント差という接戦となっている。
    トゥーンとしては直接のライバルを引き離すことはできなかったが、アウェイでのドローは残留に向けて貴重な勝ち点1となった。

    マルク・シュナイダー監督は「我々の大きな武器のひとつはセットプレーの強さだ。ニッキは高さを活かして大きな脅威になれる」と2m近い長身のCBを称えている。スイス『ラ・リベルテ』などが試合後のコメントを伝えた。

    7/26(日) 13:30配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/18d727c04790b1495e7d1dbf1b386cfb8d155c0b


    【【ハーフナー・ニッキ】スイスにて奮闘中、監督「我々の大きな武器」2mからのヘディングが圧巻】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 丁稚ですがφ ★ :2020/07/28(火) 21:15:44.44 ID:CAP_USER9.net

    中日 0 0 0  0 0 1  0 2 0  3
    広島 0 0 0  0 0 0  2 0 0  2

    バッテリー
    広島:九里、塹江、菊池保、一岡 - 會澤
    中日:福谷、佐藤、岡田、祖父江、R.マルティネス - A.マルティネス、木下拓

    本塁打
    中日:阿部 2号 (6回表ソロ)
    広島:

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2020/cl2020072808.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2020072803/index

    明日の予告先発
       広島 - 中日
    野村祐輔    松葉貴大
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【セ・リーグ C2-3D[7/28]】福谷6回0封!阿部先制弾・中日接戦】の続きを読む


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはFW、MF。プリメーラ・ディビシオン・レアル・マドリード所属。日本代表。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。2009年8月、
    41キロバイト (5,276 語) - 2020年7月26日 (日) 16:02



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2020/07/28(火) 21:39:41.18 ID:CAP_USER9.net

    スペイン1部リーグ、セビリアの地元スポーツ紙エスタディオ・デポルティボが、
    28日付の1面でマジョルカMF久保建英(19)の写真を大きく掲載し、「クボが挑戦を受け入れる」と見出しをつけた。

    そして「2020-21シーズンの中で新たにサプライズを起こした選手の一人である日本人選手が、セビリアのオファーに『はい』と答えた。
    従ってレアル・マドリードとの合意を具体的にするだけとなった」と、久保の来季の希望がセビリアでプレーすることであり、残るはクラブ間合意だけになっていることを強調して伝えている。

    エスタディオ・デポルティボ紙によると、ノリートのセルタ移籍、ロニー・ロペスのニースへの期限付き移籍が間近に迫っていることにより、
    セビリアは今夏、最低でもサイドアタッカーを1人補強する必要が出ており、スポーツディレクターのモンチの意向で久保獲得を希望しているという。

    レギロンが今季、期限付き移籍で所属し、レギュラーの座を獲得していることからも分かる通り、セビリアとRマドリードの関係性は良好である。
    またセビリアが来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得していることが久保にとって、大きな魅力となっている。

    最近、ベティス、レアル・ソシエダード、ビリャレアル、グラナダ、ヘタフェ、アヤックス、ドイツのクラブ(詳細不明)などの名前が挙がっているが、
    久保が首を縦に振ったことにより、セビリアが獲得レースで大きく抜け出す形となった。

    しかし、この期限付き移籍が決定するかどうかは全て今後の交渉次第となる。セビリアが買い取りオプション付きの複数年の期限付き移籍を望んでいる一方、
    Rマドリードが買い戻しオプションを契約条項に含むのは間違いないとみられている。

    Rマドリードは欧州チャンピオンズリーグ、セビリアは欧州リーグに勝ち残っているため、両クラブともまだ今シーズンが終わっていない。(高橋智行通信員)

    7/28(火) 19:47配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f86dcdae497b3376d8eb2ab0e1fa456e57ad03c


    【【久保建英】セビリア移籍に意欲 残すはクラブ間合意のみ】の続きを読む



    (出典 jouhou-center.com)



    1 丁稚ですがφ ★ :2020/07/28(火) 21:46:29 ID:CAP_USER9.net

    阪神    3 4 2  4 0 6  0 0 1  20
    ヤクルト   0 3 0  0 0 0  1 1 0   5

    バッテリー
    ヤクルト   :イノーア、坂本、中澤、梅野、星 - 西田
    阪神    :秋山 - 梅野、坂本

    本塁打
    阪神    :ボーア 7号 (2回表満塁) 、 サンズ 6号 (4回表満塁) 、 木浪 2号 (6回表3ラン)
    ヤクルト   :宮本 1号 (2回裏3ラン) 、 廣岡 2号 (7回裏ソロ) 、 塩見 2号 (8回裏ソロ)

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2020/cl2020072807.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2020072802/index

    明日の予告先発
     ヤクルト - 阪神
      原樹理    ガルシア
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【セ・リーグ S5-20T[7/28]】阪神、圧倒的打撃勝負を制す】の続きを読む



    (出典 insight.official-pacificleague.com)



    1 Egg ★ :2020/07/29(水) 07:16:39.50 ID:CAP_USER9.net

    開幕からBクラスに低迷している日本ハム。指揮を執る栗山英樹監督(59)は、12球団の監督で最も長い9年目を迎え、球団としても大沢啓二氏を抜く最長記録を達成した。だが、球団関係者はこう声を潜める。


    「さすがに長すぎで、チーム内は慣れとマンネリが蔓延している。かつてはセオリーや固定観念にとらわれない選手起用や采配が評価されていたが、今では“独善的”だという声が選手やスタッフから上がっている」

    選手の起用法は、分かりやすいほどの“スター選手びいき”だという。

    「中田翔の徹底した4番起用、大谷翔平の“二刀流”の成功体験を引きずっていて、新たなスター候補は結果が出ずとも試合に優先的に使われる。ある控え選手は『ウチはそういうチームなんで』と諦め顔をしていましたが、
    みんな白けていますよ」(日ハム担当記者)

    特に2017年ドラフトで7球団競合の末に引き当てた清宮幸太郎内野手(21)への思い入れは強い。

    「6月27日の楽天戦で、杉谷拳士内野手が初スタメンで6番に起用されて本塁打を打つなど結果を出した。なのに、次の試合からはそれまでノーヒットの清宮がスタメンに入り、『さすがに杉谷が気の毒だ』とチーム内では不信感が募りました。
    清宮は守備の不安から一塁かDHでしか起用できず、打率1割台なのに使われており、ひいきと取られても仕方ない」(同前)

    機能しない「メジャーをモデルにしたチーム作り」
     
    さらに采配面でもひずみが見られつつある。

    「バントをしない、広い球場なのに足を生かさないといった采配への批判もありますが、一番は監督がこだわる“攻撃的2番”“オープナー制度”など、メジャーをモデルにしたチーム作りが機能していないことです。
    2番にほぼ固定している大田泰示は昨季の併殺打が22とパ・リーグ最多タイで、今季も打率1割台と低迷している」(同前)

    昨季から導入したオープナーは、制球力のある投手が最初に複数のアウトを取って二番手に引き継ぐ戦略。しかし昨季は16試合に採用して6勝10敗、今季も1勝3敗と結果が出ていない。

    「リリーフ陣も早いイニングから準備しなければならない上、『マウンドに上がるタイミングが分からない』と反発。昨オフには救援陣のリーダーの宮西尚生が『あやふやな部分があった。もっと登板のタイミングに関する情報がほしい。
    これではブルペンがシーズン後半にへばってしまう』と公の場で苦言を呈していました」(前出・球団関係者)

    栗山監督は試合に負けると「俺の采配が悪い」と選手に責任を負わせない発言を繰り返してきた。ただ、選手が何より望んでいるのは“フェアな采配”だろう

    7/28(火) 17:00配信 週刊文春
    https://news.yahoo.co.jp/articles/64128ac1474ce4c4e406487f247a6a973a3968ee


    【【日本ハム・栗山英樹監督】清宮びいきの采配に疑問が】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 幻の右 ★ :2020/07/29(水) 11:36:47.83 ID:CAP_USER9.net

    来年3月の開始を予定しているサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本代表の試合の地上波テレビ中継が暗礁に乗り上げている。これまで放映権を持っていた、テレビ朝日は契約満了で撤退。アジアサッカー連盟(AFC)が来年から8年間の放映権契約を、香港が本社の代理店と2000億円超という途方もない金額で結んだため、日本のテレビ各局は二の足を踏まざるを得ない状況だ。日本協会も4年に1度のドル箱を失う危機に、焦りの色を濃くしている。(編集委員・久保武司)

    新型コロナウイルスに続いて、日本サッカー協会にダブルパンチの非常事態だ。4年に1度、日本列島を大いに沸かせてきたW杯切符を懸けた最終決戦が、最悪の場合、地上波で放送できない可能性が浮上している。

    コロナ禍で中断中の2次予選F組で、首位につける日本の突破は確実な情勢。ただ、最終予選は来年の話だからといって、のんびり構えている関係者などいない。半年前の段階で地上波の放送予定が未定というのは、明らかに異常な状況だ。

    これまでテレビ朝日が視聴率アップの柱として、「絶対に負けられない戦い」を大々的に放送してきたが、契約満了に伴い撤退。AFCの契約更新の時期には毎回、テレ朝と他局の激しい放映権争いが繰り広げられてきたというのに、せっかく空いた席にどこも名乗りを上げないのだ。

    この無風状態を引き起こした原因は、AFCが提示した新たな放映権契約にある。今回は「中東圏を除く全世界でAFC主催試合を放映できる」ことが売り文句。推定総額20億ドル(約2100億円)という超大型の8年契約で、スイスと中国の合弁企業「DDMCフォルティス」と合意した。日本のテレビ局が放送するには、同社との交渉が必要になる。

    民放関係者は「サッカーW杯の最終予選となれば、20%以上の視聴率も期待できる。これまでとほぼ同じ放映権料なら、手を挙げるところはあると思う。しかし、とても太刀打ちできる金額ではない」と苦虫をつぶす。

    テレ朝がAFCと結んできた放映権契約は、最高でも4年総額で170億円台。あまりのケタ違いで、契約更新を見送らざるを得なかった。この余波で、2002年から18年間続いてきた同局の長寿サッカー番組「やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~」も、「8月いっぱいで打ち切りが決定的」(テレ朝関係者)。AFCの映像を「PR素材」として放映できなくなったのが、致命傷となった。

    日本協会も懸念を強めている。今や国民的行事のW杯最終予選が、テレビ地上波で流れないとなると、告知やPRが弱まる問題にとどまらない。協会に入る億単位の放映権料も大幅減額となる。代表戦は人気も手伝い、親善試合でも1試合1億円が最低価格。最終予選はさらに高値だったが、ビジネスモデルが根底から崩壊しかねない。

    日本の代理店は窮余の策で、AFCが主張する8年契約の半分となる4年契約の妥協案を打診も、AFC側は「8年契約は譲れない」と強気一辺倒。日本協会は最終予選を含む代表戦の配信契約の検討にも入ったが、民放関係者は「配信になったら地上波で代表戦は一切、放送できなくなる。代表人気は確実に低下すると思います」と警鐘を鳴らす。地上波から消えたコンテンツは、国民的な人気を維持できない。日本サッカー界の未来が危機に瀕している。

    ヤフーニュース 配信元は夕刊フジ 2020.7.28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd3446c33a15dce0b656845ae00f35ae3d2273be

    前スレ
    【サッカー】日本代表、コロナに続き大ピンチ! 「22年W杯最終予選」地上波で見られない!? AFCの法外な放映権料にテレ朝が撤退★2 [征夷大将軍★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595944628/


    【【悲報】「22年W杯最終予選」法外な放映権料にテレ朝が撤退してしまう。】の続きを読む

    このページのトップヘ