スポーツ総合ニュースチャンネル スポステ

スポステでは、スポーツに関係した情報を主に5ch(2ch)等からまとめて紹介したブログとなります。
野球・サッカー・ゴルフ・フィギュアスケート・テニス・陸上・卓球等
毎日更新

    サッカー



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 Egg ★ :2020/02/19(水) 07:29:27 ID:0YOJgaA99.net

    ドルトムントの19歳、FWアーリング・ハーランドが止まらない。

    18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、ドルトムントはパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。先発したハーランドは、69分にクロスのこぼれ球を押し込んで先制点を奪う。そして同点に追いつかれた直後の77分、レイナのパスを受けて強烈なシュートを叩き込んだ。ドルトムントは2-1で先勝している。

    ハーランドはこれで、ドルトムント加入後7試合で10ゴール。同期間中の欧州5大リーグの選手でトップスコアラーとなっている。

    なお、CLでもデビューから7試合で10ゴールに到達。他の選手に4試合の差をつけ、史上最速で二桁得点を奪った。また、1シーズンで10ゴールを挙げた史上初の10代選手となっている。

    勢いの止まらない“怪物”ハーランド。19歳の進化はとどまることを知らないようだ。

    2/19(水) 7:19配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00010004-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【19歳にして怪物】「ハーランド」が止まらない!CLデビューからゴールを量産中】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)


    韓国勢に負けてる始末

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/18(火) 20:04:03 ID:hS8wV78U9.net

    イングランド・プレミアリーグでは、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがアジア人選手史上初の同リーグ通算50得点越えを達成したことを記念し、
    プレミアリーグで過去にプレーしたアジア出身選手の中から最高の一人を選ぶユーザー投票を公式ウェブサイトで実施している。

    ソン・フンミンは現地時間16日に行われたプレミアリーグ第26節のアストン・ビラ戦で2得点を記録。
    リーグでの通算得点数を51点に伸ばし、アジア人最多得点記録を更新し続けている。

    プレミアリーグがアジア出身のベスト選手候補として選んだのは、ソン・フンミンを含む3人の韓国人選手と、2人の日本人選手。
    韓国からはマンチェスター・ユナイテッドとQPRでプレーしたパク・チソン氏、スウォンジー・シティ、サンダーランド、ニューカッスルでプレーしたMFキ・ソンヨンがソン・フンミンとともにノミネートされている。

    日本人選手はMF香川真司とFW岡崎慎司の2人が候補入り。
    現レアル・サラゴサの香川はユナイテッドで2年間、現ウエスカの岡崎はレスター・シティで4年間プレーし、ともにリーグ優勝を経験した。

    現時点での投票の途中経過は、ソン・フンミン(約54%)とパク・チソン氏(約39%)の得票率が他の3人を圧倒。
    香川は約3%、岡崎とキ・ソンヨンはそれぞれ約2%の票を獲得するにとどまっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00363185-footballc-socc
    2/18(火) 16:45配信


    (出典 www.football-zone.net)


    (出典 football-tribe.com)


    (出典 mania-of-football.com)


    (出典 img.footballchannel.jp)


    (出典 s.japanese.joins.com)


    (出典 upload.wikimedia.org)


    【【香川、岡崎は?】プレミアリーグ史上最高をファンが投票 過半数がソンフンミンという結果に…】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    夢があるなー

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/20(Thu) 08:06:21 ID:GA/EdYpR9.net

    クリスティアーノ・ロナウドとその恋人ジョルジーナ・ロドリゲスの関係は4年目を迎え、2人の間には3人の子供がいる。
    ジョルジーナは経済的にロナウドに依存しているわけでは無いが、ロナウドは毎月多額の手当てを支払っている。

    ユヴェントスで活躍するロナウドは先日35歳の誕生日を迎えた。ジョルジーナは主婦としての役割を引き受ける一方で、ネットビジネスを展開している。

    イタリア雑誌「グラツィア」のインタビューでロナウドはジョルジーナとの出会いについて次のように語っている。
    「彼女の身長と体、美しさが僕の関心を惹いた。彼女は震えていたが、恋の炎が点火した」

    またスペインのTV局「Telecinco」はロナウドが毎月ジョルジーナに与える手当の額を明かした。同メディアによれば、その額は月10万ユーロ(約1,200万円)だという。
    ロナウドがわずか1日で239,000ユーロ(約2,850万円)の収益を上げていることを思えば、これは僅かな金額である。

    一方で、ジョルジーナは企業の製品プロモーションを目的としたSNSでの宣伝で1件につき8,000ユーロ(約95万円)、雑誌のインタビュー1件につき10万ユーロ(約1,200万円)の収入を得ている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00010003-sportes-socc
    2/20(木) 7:57配信


    【【ロナウドが恋人に費やす額】月に1,200万円!】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    画期的なのかはわからない

    1 Egg ★ :2020/02/20(Thu) 09:27:53 ID:WHxPAaUd9.net

    「ミリ単位のこと話さなくて済む」

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    現代サッカー界の重鎮が、興味深い考えを明らかにした。

     現地時間2月18日、元アーセナルの指揮官アーセン・ヴェンゲルが、オフサイドルールの改訂を訴えた。英公共放送『BBC』など複数メディアが伝えている。

     1925年に見直しがされて以来、選手の頭、胴体、足が一部でも最後のDFより相手ゴール側に出ていれば反則を取られるようになった現行のオフサイドルール。しかし、部位が飛び出していたかが、際どいジャッジが物議を醸すことは少なくない。

     ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が本格的に取り入れられるようになったここ数年も、オフサイドが議論の対象となり、元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステンは、「オフサイドは廃止しても良い」と訴えていたほどだ。

     そんなオフサイドのルール改訂についてヴェンゲルが口にしたのは、何とも斬新な意見だ。『BBC』によれば、現在、競技規則などを定める国際サッカー評議会(IFAB)のサッカー諮問委員の一人となっているフランスの名将は、次のように語ったという。

    「ゴールを決められる身体の一部(頭、胴体、足)のどこかが、最終ラインのDFと並んでいれば、他の部分が出ていてもオフサイドにならない、というのを推奨したいと思っている。これで物事が整理されれば、皆が『鼻先が出ていた!』と論議しなくて済むし、ミリ単位のことを話さなくて済む」

     サッカーの在り方を大きく覆しかねないルールをヴェンゲルは、本気で突き通す考えだ。英紙『The Sun』は、今月29日にベルファストで開かれるIFABの評議会での議題に提案すると伝えた。

     ヴェンゲルが関係を深めているFIFAが8枠の投票権のうち4枠を締めている同評議会で、仮にオフサイドの改訂案が4分の3の票を得た場合、6月1日から施行され、今年6月12日から開催されるEURO2020から本格導入の運びとなるという。

     果たして、ヴェンゲルの推奨するオフサイドの新ルールは、本格導入されるのか。IFABの評議会での投票の行方に注目だ。

    2/20(木) 5:30 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200220-00010000-sdigestw-socc


    【【名将ヴェンゲル氏が】オフサイドのガチ改革案を提案!導入の可能性も?】の続きを読む


    孫 興慜(ソンフンミン、손흥민、1992年7月8日 - )は、韓国のサッカー選手。孫 興民表記の報道も見られる。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード。2010年より韓国代表に選出され、2018年からは代表で主将を務める。UEFAチャンピオンズリーグとプレミアリ
    33キロバイト (3,494 語) - 2020年2月18日 (火) 02:43



    (出典 soccer.sports.smt.docomo.ne.jp)


    転落

    1 Egg ★ :2020/02/18(火) 21:16:56 ID:Z3R7pnTl9.net

    イングランド・プレミアリーグのトッテナムは18日、同クラブに所属する韓国代表FWソン・フンミンが右腕を骨折し、今週手術を受けることになったと発表を行った。

     ソン・フンミンは現地時間16日に行われたプレミアリーグ第26節のアストン・ビラ戦で負傷したとのことだ。この試合で同選手は、後半アディショナルタイムの劇的決勝ゴールを含めた2得点を挙げ、3-2の勝利に大きく貢献していた。

     クラブのメディカルスタッフは手術後に状態の確認を行い、その後のリハビリに向けた予定を立てていくとのこと。離脱期間は「数週間」になるとの見通しが示されている。

     ソン・フンミンはアストン・ビラ戦を含めて公式戦5試合連続ゴールを挙げ、アジア人選手では史上初となるプレミアリーグ通算50得点も達成したばかりだった。イングランド代表FWハリー・ケインも長期離脱中のスパーズにとっては大きな痛手となりそうだ。

     現時点で離脱期間は不確かだが、19日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのRBライプツィヒ戦、22日に行われるプレミアリーグのチェルシー戦などの重要な試合は確実に欠場することになる。

    2/18(火) 21:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00363248-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ソン・フンミン】右腕骨折により離脱】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    本気やね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/19(水) 14:47:57 ID:U1DR7SwG9.net

    webスポルティーバ
    五輪サッカー史上最強か。 アルゼンチンとブラジルの陣容がすごい

    2月上旬、東京五輪サッカーの南米予選、2020CONMEBOLプレオリンピックがコロンビアの3つの都市で行なわれた。
    スピード、テクニック、創造力の三拍子がそろった"まさに南米"というサッカーが見られ、多くの若き才能がすばらしいパフォーマンスを繰り広げていた。

    あかでも決勝ラウンド最終戦のブラジル対アルゼンチンは、今後の世界のサッカーに大きな意味をもたらす試合となった。
    なぜなら、これからスターダムにのし上がると思われる選手が数多くいたからだ。この新世代の選手たちの波を知らないのは、もったいなさすぎる。
    彼らはあと数カ月後には、みなさんの国で多くのゴールを生み出すはずだ。

    南米10カ国のU‐23代表は、東京五輪のたった2つの席をめぐって熾烈な戦いを繰り広げた。
    グループラウンドからブラジルとアルゼンチンが突出しており、ウルグアイ、コロンビアとともに決勝ラウンドに勝ち上がった。
    ブラジルはグループラウンドで唯一全勝したチームで、アルゼンチンは最も優れたパフォーマンスを見せたチームだった。

    4チームが総当たりする決勝ラウンドは、それまでの試合とは別物といっていいほどハイレベルの戦いとなった。

    ここでドラマが起こった。それまで全勝だったブラジルが、コロンビア、そしてウルグアイと戦い、ともに引き分けてしまった。
    一方、アルゼンチンは最初の2試合に勝利し、この時点でいち早く出場枠のひとつを獲得した。

    ブラジルが最後の一枠を確実に得るには、3戦目の勝利が必要だった。だが、相手は最も手強いアルゼンチン。
    誰の目にも不可能であるかのように見えた。

    しかし、ブラジルはミッションインポッシブルを成し遂げた。アルゼンチンを相手に3-0で勝利し、東京行きを成し遂げたのである。
    結局、ブラジルは大会で唯一無敗のチームとなり、大会得点王もブラジルのマテウス・ダ・クーニャだった。

    いったい東京でどんなアルゼンチンとブラジルの試合が見られるのか。私がブラジル人だから、もしくは南米の記者だからそう大げさに言っているのではない。
    本当に、これほど輝いたタレントが勢ぞろいした時代は、ここ何年もなかった。

    まずはアルゼンチン。今回のU‐23代表は、未来のアルゼンチン代表監督と言われているフェルナンド・バティスタが率いていた。
    アルゼンチンの新世代を代表する指導者で、強力で、優れた戦術を持つチームを作り上げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200219-00886480-sportiva-socc&p=1
    2/19(水) 6:10配信


    (出典 Youtube)

    ブラジル連邦共和国 国歌「ブラジルの国歌(Hino Nacional Brasileiro) 」


    【【アルゼンチンとブラジルが】五輪最強メンバーを作り上げる】の続きを読む


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオ
    34キロバイト (3,571 語) - 2020年2月17日 (月) 11:04



    (出典 f.image.geki.jp)


    ベンチ外

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/17(月) 20:38:32 ID:kv+a+4S89.net

    リバプールのMF南野拓実が国内リーグ戦で初めて登録メンバーから外れた。

    2月15日に敵地で行なわれたノリッジ対リバプール戦で、南野は遠征メンバーとしてチームに同行しながら、18名の登録メンバーに入れなかった。
    日本代表MFが関係者席で見守ったその試合で、リバプールは1-0で勝利。
    国内リーグの連勝記録を17試合に伸ばし、成績を25勝1分無敗とした。30年ぶりとなるリーグ優勝にまた一歩近づいた。

    この試合で、リバプールは久しぶりに主力メンバーがほぼ揃った。

    1月5日のエバートンとのFAカップ3回戦でMFジェームズ・ミルナーがハムストリングを痛めた。
    さらに1月23日のウルバーハンプトン・ワンダラーズ戦ではFWサディオ・マネがハムストリングを負傷し、両者はしばらく戦列を離れた。

    しかし、ふたりは今回のノリッジ戦で復帰。前節のサウサンプトン戦から南野とDFジョエル・マティップが18名の登録メンバーから外れた。

    ここまで、リバプールは負傷者に悩まされてきた。MFナビ・ケイタは、股関節痛で1月2日~28日まで離脱。MFファビーニョもひざのケガで11月30日~1月18日まで出場できなかった。
    FWジェルダン・シャキリはまだ復帰していないが、選手たちが代わる代わる戦列に戻り、フルメンバーがようやく揃うことになった。

    南野が登録メンバーから外れ、あらためて浮き彫りになったのは、リバプールの「壁の高さ」だ。

    ノリッジ戦のベンチメンバーは、GKアドリアン、DFデヤン・ロブレン、MFファビーニョ、MFミルナー、MFアダム・ララナ、FWマネ、FWディボック・オリジの7人。
    「直前までコンディションを見極める」(英BBC放送)としていたマネが最終的に登録メンバーに入り、南野がベンチ外になったと思われる。そして、そのマネが後半から途中出場し、決勝ゴールを叩き込んだ。

    リバプールにはモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、マネの強力3トップがいるのは言うまでもなく、控え陣にも優れた代表クラスが揃う。
    既存戦力が戦列に戻ってきたことで、今後も南野は「ベンチに入れるか、入れないか」の当落線上に置かれることになりそうだ。

    もちろん、日本代表MFは厳しい競争を覚悟してリバプールにやって来た。試合後、「予備選手を含めた遠征メンバーに入りながら、
    試合の登録メンバーから外れたのは悔しいのでは?」と問われると、次のように話した。

    「そうですね。今までずっとやってきているメンバーが帰ってきて、監督が信頼している選手を使うというのは、当たり前だと思うし。
    自分にできることを今後もやっていければいいかなと思います」

    以前も「他の選手たちは何年も一緒にやっている。完成されたチームに入ることの難しさがあるのでは?」と問われると、
    南野は「それはもう、しょうがない。それを覚悟で来ている。そのなかで揉まれながら、生き残っていくしかない」と決意を口にしていた。

    刺激的な環境で成長し、大舞台で挑戦を続けていくことに闘志を燃やしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00886370-sportiva-socc
    2/17(月) 17:10配信


    【【南野拓実】リバプールの壁の高さが浮き彫りに】の続きを読む


    カンペオナト・ナシオナル・デ・リーガ・デ・プリメーラ・ディビシオン( Campeonato Nacional de Liga de Primera División )は、リーガ(La Liga)として知られる、スペインのサッカーリーグ、トップディビジョンである。2016年7月にスペインのサンタ
    63キロバイト (3,904 語) - 2020年2月16日 (日) 12:47



    (出典 www.football-zone.net)


    本人からのコメントが欲しい

    1 Egg ★ :2020/02/19(水) 00:04:35 ID:V+Z/YJKk9.net

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    マジョルカのコーチが同クラブ所属の日本代表MF久保建英に向けて人種差別的なジェスチャーを行ったのではないかとして問題視された一件で、ラ・リーガが新たなコメントを出した。『CNN』が18日付で伝えている。

     今月9日に行われたマジョルカとエスパニョールとの試合中に、フィットネスコーチのダニ・パストール氏はピッチサイドでウォームアップを行っていた久保を交代出場のため呼び戻した。この際、両手の指を両目の横に当てて広げるような動きをしており、東洋人に対する人種差別とされるジェスチャーではないかと問題視された。

     ラ・リーガは先日『CNN』の取材に対し、この件を問題視しない姿勢を示していた。パストール氏の行為は単に選手に気づかせるための手段であり、その他の意図は込められていなかったというのがラ・リーガの取った立場だった。

     だがその後、ラ・リーガは同メディアに対して新たな声明を伝えたとのことだ。コーチのジェスチャーに「誰も傷つける意図はなかった」としながらも、「不快になり得るものであることは認識しており、その点について謝罪する」と不適切な行為であったことを認め、「再発防止に努める。ラ・リーガはいかなる種類の人種差別、暴力、反外国人的行為、いかなる種類の差別とも戦っていく」と続けている。

     一方、当事者であるマジョルカおよびパストール氏自身は、『CNN』からの度重なる問い合わせに対して一切の回答を行っていないとのことだ。

    2/18(火) 23:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00363259-footballc-socc


    【【久保建英の人種差別疑惑な対して】ラ・リーガが謝る!】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)


    アマの構成ですか

    1 Egg ★ :2020/02/18(火) 12:50:54 ID:Z3R7pnTl9.net

    日本サッカーに“足りないモノ”とは?

    名古屋グランパス復権の鍵を握る助っ人ストライカーが、タイトルへの想いを吐露した。元ブラジル代表FWのジョーだ。

     18年にコリンチャンスから名古屋へ鳴り物入りで加入した点取り屋は、移籍初年度に32試合に出場して24ゴールを挙げてJ1の得点王を獲得する活躍を見せたものの、2年目となった昨シーズンは、足首の怪我に悩まされ、リーグ戦6ゴールと不完全燃焼に終わった。

     今シーズンもチームキャンプには帯同せずに、家族の住むリオ・デ・ジャネイロの名門フラメンゴのリハビリ施設でコンディション調整を続けている。そんな32歳のストライカーが地元紙『O Dia』のインタビューに応じた。

     名古屋と今年12月に契約が満了となることを明かしたジョーは、今冬に延長交渉を行なったものの、「最終的に上手くいかなかった」と告白。そのうえで、日本でのタイトル奪取への意気込みを口にした。

    「契約延長の話し合いが上手くいかなかったから、このまま契約を全うすることにした。僕の最大の目標は常にタイトルにある。名古屋には2年いるけど、タイトルレースに加われていない。だから、タイトルを獲って名古屋を去りたいんだ。それが2020年の僕の目標だ」

     ジョーは、CSKAモスクワやマンチェスター・シティ、インテルナシオナウ、アトレチコ・ミネイロなど国内外の強豪を渡り歩いてきた。それだけにJクラブに欠けているものを明確に感じているようだ。日本サッカー界の課題を次のように語った。

    「僕のいるクラブも施設は素晴らしい。けど、日本に足りないのは、プロのノウハウを持ったスタッフたちだ。悪くはないが、その点は、ブラジルが遥かに先を行っていると感じるね。施設は素晴らしいんだ。それはブラジルにも負けないよ。けど、本当に熟練されたスタッフたちがいない」

     今冬はフラメンゴの協力を得て、怪我の回復と同時に、筋力強化も図ったというジョー。はたして、名古屋でのラストイヤーに懸ける大型CFは、チームに悲願のタイトルをもたらし、有終の美を飾れるだろうか。

    2/18(火) 5:40配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00010002-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【名古屋FWジョーが退団】「日本に足りないもの、それはプロのスタッフだ」】の続きを読む


    ジーコ (Zico) ことアルトゥール・アントゥネス・コインブラ(ポルトガル語: Arthur Antunes Coimbra、ポルトガル語発音: [aʁˈtuʁ ɐ̃ˈtũnis koˈĩbɾɐ]、1953年3月3日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現在は、Jリーグ・鹿
    75キロバイト (10,245 語) - 2019年10月28日 (月) 16:28



    (出典 c1.staticflickr.com)


    やるやないかw

    1 Egg ★ :2020/02/17(月) 16:25:42 ID:nnDEdq/x9.net

    本田圭佑のボタフォゴ移籍は、ブラジル国内でも小さくない話題となっている。

     まだビザを取得していないため、正式契約は結んでいないが、すでに合流してトレーニングを開始。深刻な財政難に*いるだけでなく、ピッチ上でのパフォーマンスも振るわないチームの救世主となれるのか。

     この2年、トップレベルでプレーしていなかっただけでなく、実戦から離れていた点も含めて、懐疑的な声も少なくない。

     日本のサッカーをよく知る“神様”ジーコ(現鹿島アントラーズTD)は、この移籍をどう見ているのだろうか? 旧知の彼に話を訊いた。

    ―――◆―――◆―――

     ボタフォゴでの入団会見で本田が発した「ジーコには感謝している」という言葉は、私にとっては、嬉しいサプライズだった。あの一言には本当に感謝している。

     日本のサッカーにおいて、本田の世代には優秀な選手がたくさんいる。彼らは皆、努力家で、聡明だ。ピッチ上でのプレーはもちろんだが、ピッチ外の振る舞いはそれ以上に素晴らしい。

     こうした選手たちが日本のサッカーを強くした。名前を出してくれたからではないが、私は本田のことを信頼の置ける選手だと思っている。


     33歳という年齢で、このハイレベルで難しいブラジルのサッカーに、よくチャレンジしてくれたと思う。かなり困難な挑戦になるとは思うが、本田のテクニックとフィジカルがあれば、きっと何かやってくれると信じている。実際、ブラジルに到着してまだほんの数日だが、ボタフォゴで活躍できるだけのメンタルの強さをすでに垣間見せてくれている。

     ブラジルでは、どうやら私と一緒に仕事をしたことがあると報道されているようだが、それは事実ではない。本田と同じチームで仕事をしたことはない。彼のプレーを見たことはあるが、それもまだプロになりたての頃の話だ。ただ、その頃から他の選手たちとは違うポテンシャルを持っていたのを、よく覚えている。

     彼をもっとよく知っているのは、ネルシーニョ(現柏レイソル監督)だろう。名古屋グランパスの監督だった時、いつも本田のことを話してくれた。「どんな監督でも自分のチームに欲しいと思う選手だ」と言っていたよ。


     本田がブラジルを新天地に選んだのは、良い選択であったと思う。彼のスタイルは、ブラジルのサッカーと通じるものがある。常に頭を高く上げてプレーし、見事なゴールを決める。そしてサッカーを楽しむと同時に、真剣勝負であることも知っている。

     本田世代の日本サッカーは、どこかブラジルに通じるところもあり、それが彼らを世界に導いた。本田や香川真司は本当に優秀で、素晴らしい才能を持ち、プロとしてのクオリティーも高い。なかでも、本田以上に豊富な国際経験を積んだ選手はそうはいないだろう。

     オランダ・サッカーの洗礼を浴び、ロシアのサッカーを理解し、イタリア・サッカーの特徴を学び、メキシコのサッカーを知り、オーストラリアのサッカーを体験した。その豊かな経験から、チームに多くのものを与えてくれるだろう。しばらく練習していないことなど、すぐに乗り越えられるはずだ。本田を見ていると、33歳という年齢は決して障害ではない気がする。

     ロシア・ワールドカップで日本代表としてプレーして以降の約2年間、彼は本当の意味でのハイレベルなサッカーからは遠ざかっている。それだけが心配だったが、彼のフィジカルコンディションは驚くほど万全だと聞く。きっとボタフォゴでも活躍してくれるだろう。

     興味深い話をしよう。私がCSKAモスクワの監督を務めていた時、クラブの会長に、本田を獲得してくれるように頼んだいた。自分のチームにぜひ加えたい選手だったのだ。その時、彼はまだオランダ(VVV)でプレーしていた。

     私がCSKAモスクワの監督を務めていた時、クラブの会長に、本田を獲得してくれるように頼んだいた大きな満足感を感じている。

    2020年02月16日 16時49分 サッカーダイジェストWeb
    https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12289-564734/#article


    【【ジーコ】「本田をCSKAに囲ったのは私だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ